一人暮らし故に理屈倍増

辛い。「え?」一人暮らしよ私、生涯このまま孤独に生きねばならぬ訳?「私へ聞かれても...ほら、きっと良縁がいずれ」

気休めはよして。駄目よ駄目。男性は皆、若さと美貌を求め、結局女性を表面的にしか、見る事が出来ぬの。

「ちょ、全員が全員そーゆー訳じゃ...」無論、例外もあるでしょうね。けど大多数がそうよ。パッと見、印象で決まるわ。

化粧と洋服で着飾り、上っ面さえ誤魔化せば、ころりと惚れる。単純ね。「一人暮らしの独身女性故に、こーも暗黒面へ堕ちるとは。危険だわ」いや別に、独身は関係...。

「え?違う?」まー...僻みと捉えられても無理ねーわなぁ。「一人暮らし最悪ね」別にそこ関係...。「はよえー方見つけてや!」うん、頑張るわ。

「けど難しそう。男性、嫌いだものなぁ」全員嫌ってる訳じゃ。一人暮らしが好きなだけ。

「嘘つけ!何時も誤魔化して、素直になればいーのに」ふん、彼氏持ちに私の気持ち等、分らんわ。「じゃあ貴方は、生涯孤独で大丈夫な訳?」うっ。「狼狽してる」ワリィ?